読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tak0kadaの医学メモ

発声練習、生存確認用。

数理統計関連は 何でもノート

胸部X線写真で見ることリスト

書いたことの大半を理解してないが。

定義

  • 上/中/下肺野
    • 鎖骨と第2肋骨前方(S1~3)
    • 第2肋骨前方から第4肋骨前方(S3,6)
    • 第4肋骨より下(中葉、舌区、下葉(S6以外))

読み方

画像チェック→胸郭・横隔膜→中央陰影→気管・気管支→肺門→大動脈→胸椎→肺野

画像チェック

立位かどうかのチェック

  • 撮影の際の体位: 立位>座位>仰臥位
    • 立位以外だと: 横隔膜が上昇する、縦隔陰影が拡大する、胸水、空気が移動する
  • X線源が点源なので肺野を見るためにPA(後ろから前に照射)で撮影する
  • 胃泡: ニボー(水面)が見える
  • 肩甲骨: 上外方に挙上

正中位かどうか

深呼吸かどうか

  • 横隔膜の高さ(右: 前肋骨第6肋間、後肋骨第10肋間)
  • 高い場合は無気肺、横隔神経麻痺、線維化、腹部膨満、胸水もあり得る

胸郭・横隔膜

  • 骨軟部陰影: 左右対称性があるか
  • 胸郭
    • 胸郭全体の左右対称性: 無気肺、胸膜肥厚、石灰化、肋間の狭小化
    • 肋骨の骨折、融解
  • 横隔膜
    • 縦隔側からCPAまで追えるかどうか
    • 形状
    • 横隔膜下にfree airがない
    • 横隔膜の高さ(右: 前肋骨第6肋間、後肋骨第10肋間、左右で1/2肋間)

中央陰影

右第1弓: 上大静脈 右第2弓: 右心房 左第1弓: 大動脈弓 左第2弓: 肺動脈幹、左肺動脈 左第3弓: 左心耳 左第4弓: 左心室

縦隔

  • シルエットサイン: 水濃度の領域が隣接しているために境界が不鮮明になること
    • 第n弓
    • 横隔膜
    • 下行大動脈
    • 気管
    • CPA
    • A-P window
  • リンパ節
    • 傍気管線: 消失していればその部分に病変あり
    • A-P window: 大動脈と肺動脈の間の軟部組織(凹んで見えるはず)
    • 気管分岐部: 転移があると気管支の曲がり方が異常になる

気管・気管支

  • 偏位がない
  • 偏位があるとき: 正中位でない、圧排、無気肺

肺門

  • 高さ
  • 陰影の拡大がない
  • 陰影の濃度に左右差がない

大動脈

胸椎

肺野

鎖骨と肋骨が重なる上肺野に見落としが多いので注意。血管影を見ると横隔膜下に2,3本走行するはずで、なければ撮影条件が悪いか異常影がある。